面接【美容学生の面接を攻略】|例文とポイントで解説

美容室の面接

美容室の面接では
「美容学生中に努力したこと」を必ずといっていいほど聞かれます。
ですので、必ず対策をしましょう。

しかし、この質問にどう答えるべきかは意外と知られていません。
そこで、「美容学生中に努力したこと」を質問された時に上手に答える秘訣を、簡単な例文をもとに解説いたします。
以下のステップを参考にするだけで、誰でも内定レベルの「美容学生中に努力したこと」を面接で話せるようになります。

就活の定番:美容学生中に努力した事は何ですか?

「美容学生中に努力したこと」
をどう伝えればいいか、悩んでいませんか?

実は、以下のステップで話せば、
誰でも魅力的な「美容学生中に努力したこと」を
伝えられるようになります。

 

面接での答え方

「美容学生中に努力したこと」という質問はどう答えるべきか。
実は、この質問には 答え方のポイント があります。
そこで、「美容学生中に努力したこと」を
話すにあたって大事なポイントを図解しました。

この図解のポイントを意識して話すだけで、
説得力が何倍にもなります。

どうでしょうか?
ぱっと見て難しく感じる方もいると思いますが、
このポイントを意識するとこで、簡単に質の高い
「美容学生中に努力したこと」を話せます。

美容学生の学びは美容師への気付き

面接とは、面接官に自分を伝える機会です。
ですので、
ここで話す「学んだこと」は、
仕事に活かす「学び・気づき」であるべきです。

たとえば、以下のようなものです。

  • 練習量、根気のいるワインディングで、計画を練りチャレンジすることで成果を出せると学ぶことができました。
  • この経験から、苦手なことでも、諦めず懸命に努力していけば、人を上回る成果をあげられると学ぶことができました。

これらは、仕事で活きる「気付き・学び」ですよね。
事に直結した「気付き・学び」をアピールし、
経験から学び、成長する自分をアピールしましょう。

 

美容室側が面接で知りたい事

美容室側が、美容学生と面接をする上で、
知りたいことの1つに
この美容学生は
目標に向かってどれくらい努力できるのか

があげられます。
今後、一緒に美容室で働く仲間として、
美容師として、人として、
この人はどれくらい努力できる人なんだろう。
あなたは、

・目標に向かって精一杯努力する人

・目標を立てても全く努力をしない人

どちらの人と一緒に働きたいですか?

美容学生としての努力と成長

しかし、
今後この美容学生がどれくらい努力できるのか
なんてやってみないと分かりません。

なので、
美容学生としての努力や成長を質問します。
実績で判断するしかないんです。

そんな時に

学生としては特に何もしなかったけど、
もし美容室に入ったら誰よりも努力します!

と主張しても、
努力や成長の実績がないので説得力はないですよね。
逆に、

美容学生の時には、WDを特に努力しました。
始めの頃は、学校のテストにも合格しないレベルでしたが、
練習と反省を繰り返し、
1年後のコンテストでは1位を獲得しました。
美容師になったら、まずは美容師として
技術でお客様に満足していただくことを努力します。

シンプルですが、
努力と成長がとてもわかりやすく表現されています。
先程の主張と比べて説得力は高いです。
このように、面接では
あなたが何を努力してどう成長したのか
を伝えられるととても効果的です。

面接で負けない。就活への心構え

努力はした。成長もした。結果も残した。
だけど面接では緊張して伝えられない。
とてももったいないです。
しかし、やはり 面接では緊張してしまう。
そこでまずは面接・就活に対する心構えを変えましょう。

美容学生として

あなたは美容学生です。
面接の相手は美容師です。
美容学生には美容学生にしかできないことがあり、
美容師には美容師にしかできないことがあります。

自分の活動を評価してもらう。
というスタンスではなく
自分の努力と成長を相手の美容師はどう捉えるのか。
くらいの心構えでいましょう。

自分は努力した。なぜなら結果があるから。
と、胸を張りましょう。
美容学生と美容師は上下関係では無い のです。

就活生として

まず、就活の大前提です。
何故、様々な企業や美容室が
わざわざお金と時間をかけて、書類選考や面接をするのか。

それは

今後、あなたと働きたいからです。

あなたは、審査されているのではなく、
求められています

なのでそれに応えるんです。
シンプルに、肩の力を抜いて、
あなたの
最高のパフォーマンスで応えてみましょう。

それができたら
心配する必要はありません。
結果は後から付いてくるでしょう。

美容室の面接時の服装って?

美容室の面接には
何を着てばいいかとお悩みではありませんか?
スーツや私服、私服の中でも個性的な服装、
綺麗めな服装。色々考えられますよね。

美容学生の就活にスーツは不要

 

美容学生の皆さんは、
入学式にスーツを着ることが多いですよね。
そのスーツを面接の時に着るなんて考えてはいけません。

美容学生にリクルートスーツは不要

まず結論から説明すると、
美容室の面接でスーツは着ません。
むしろ、イメージダウンになる場合もあります。

あなたが普段通っている美容室を想像してください。
スーツで働いている美容師はいますか?
いないですよね。

美容師はスーツを着ることが少ない  ので、
美容学生は面接でスーツを着る必要はありません。

ここまで読んで、
「そしたら私服でもいいのか?」
と思った美容学生の方。

その通りです。
美容室の面接は私服で行きましょう。

しかし面接でも、実際のサロンワークでも、
初対面の第一印象は8割が見た目で決まります。
私服と言っても、様々なジャンルがあるので
次は 美容学生が就活に必要な服装 を解説します。

 

美容室の面接における服装

 

先程、
美容学生の就活にスーツは必要ないと説明しました。
では、
逆に美容学生の就活にはどんな服装が必要なのでしょうか?

美容学生の就活に必要な服装

実はとってもシンプルなんです。
美容学生の就活には志望する美容室で自分が働く服装 が必要になります。

しかし、雰囲気や服装は美容室によって様々で
多くの美容室にそれぞれの個性があります。
なので、実際に志望する美容室に見にいきましょう。

志望する美容室へ見学に行って
なんとなく雰囲気がつかめた方はその美容室に合った服装
をオススメします。

逆に、見学に行ったけど
イマイチ雰囲気が掴めない方や
見学に行けていない方にもおススメの服装はあります。
それは 綺麗めの服装 です。

第一印象で清潔感を与えるカジュアル過ぎない服装
のことです。
もし、迷ってしまった場合はこの服装にしましょう。
美容室によって雰囲気や個性は異なるため、
一概に正解というものは言えません。

次は「面接でNGな服装」を説明します。

美容室の面接でNGな服装

面接でNGな服装はいくつかありますが

  • 汚い印象を与える服装
  • パジャマやのようなダル着

この2つは特にNGです。
理由は、第一印象が悪い
これに尽きます。

面接官もそうですし、
何よりその服装で対応されるお客様の気持ちを考えましょう。

髪色はどうする

美容室の面接でNGな髪色はご存知ですか?
面接の時の髪色って難しいですよね。
今回は、「美容学生が就活で求められる髪色」と「美容室の面接でNGな髪色」の2つをご紹介します。
これからの就活で是非役立ててください。

美容学生が就活で求められる髪色

髪色は自分の個性だから、
何色でも大丈夫という声をよく耳にします。
しかし、 それは大きな間違い です。
実は意識するべきポイントがあります。

美容室のブランドイメージに合わせる

美容室には、ブランドイメージというものがあります。
なのでその ブランドイメージに合わせた髪色 にしましょう。

大人っぽく落ち着いた雰囲気の美容室の面接に、
何色もカラーしてある派手髪で行ったら、
ブランドイメージと合っているとは言えませんよね。

 

志望する美容室の顧客層に合わせる

ブランドイメージに合わせた髪色と説明しましたが、
もう少し具体的に解説します。
ブランドイメージと言われても分かりにくいですが、
美容室に来店するお客様に合わせる と説明すればどうでしょうか。

イメージしやすくなりましたか?
来店されるお客様は、
美容室の施術はもちろん、
雰囲気や会話を楽しみにしている方もいらっしゃいます。

例えば雰囲気を楽しみに来店されたのに、
お店の雰囲気と全く違うスタッフが対応したら、
「あれ?」と疑問を感じる場合もありますし、
場合によっては気分を害される可能性もあります。

なので、

志望する美容室に
来店されるお客様に合わせた髪色がベスト
と言えるでしょう。

 

それでも髪色を迷う美容学生の方へ

美容学生に求められる髪色について説明しましたが、
それを知っている上で迷う美容学生の方が多いと思います。

もし本当に迷っているのであれば、
志望する美容室で働いている美容師の方と
同じような髪色にすれば間違いないでしょう。

なぜなら、
美容師の方は、

・自分が働く美容室のブランドイメージ
・来店されるお客様に合わせた髪色

で働いているからです。
なので、美容師の方の雰囲気や
髪色に合わせるのも1つの作戦です。

ここまで美容学生が就活で求められる髪色を説明しました。
次は、美容室が求めていない髪色を説明します。
髪色に迷っていても、
このポイントだけは避けるようにしましょう。

美容室が求めていない髪色

汚い美容師よりも、綺麗な美容師です。
汚い服装や汚い髪色でお客様を対応するのは失礼です。
なぜなら、
お客様は貴重なお時間とお金を払って
美容室に来店してされるからです。

美容室のブランドイメージに関係なく、
美容学生全員が意識するべき髪色のポイント
を説明します。

この髪色は避けよう

・プリン状態の髪色
・ブランドイメージと合わない髪色

この2つです。
ブランドイメージの話は冒頭で解説しました。

ここでは、プリン状態の髪色について説明します。

プリン状態の髪色

プリン状態の髪色で、美容室の面接に行くのはNGです。
大事な場面で、自分の髪色すら綺麗にできない人が、
お客様を綺麗にするといっても説得力が低いからです。

美容室の面接直前にリタッチし、髪色を整えましょう。
これは、
カラーをしている美容学生の方全員が
絶対に意識するべきポイント
です。

最後に

・美容学生として努力したことの答え方

・学びは気付きであること・美容室が知りたいこと・就活の心構え

について説明しました。
重要なポイントはいくつかありますが、
まずは1つずつ実践して慣れることが最も大切です。
全て覚える必要もありません。
必要と感じた時に、必要なことを実践しましょう。

まずは単純な1つの実践を繰り返すことが
美容学生としての努力と成長に繋がります。
出来ることから確実な1歩を踏み出し、
美容学生の就活を攻略しましょう。

関連記事

  1. 大事な知識#1『後から後悔しない為に』就活スケジュールを把握しよう

  2. 履歴書#1【美容学生の履歴書を攻略】|基本的な書き方を紹介

  3. 自己分析【美容学生の自己分析を攻略】